2013年6月17日月曜日

Lisp

いろんな方言があるので、どれが一番良いのか。。。

でも優秀なプログラマーはLispを知っているように思います。

たのしくプログラミングしたいです。
だから色々手を出してるような気がします。

ただし、Fortran、C、Lispは圧倒的な気がします。

プログラミングの思想とか、考え方とかはこれらをやれば圧倒的に視野が広がりそうです。

Lispの使い道が今のところEmacsのElispくらいしかない。

科学技術計算は某コンパイラが圧倒的なのでFortran,C/C++の2択しかないですが、
プロトタイプだったり、テキスト処理なんかはLispももっと使える気がします。

あと、Intel Compilerをコマンドプロンプトから楽にコンパイルできるよう、プロンプトを修正しました。短いコードなら非常に早くコンパイルできるとも居ます。
いかせんせん、Visual Studioが重すぎる時はぜひ使いたいと思います。

Schemaを使ってみるか!
xyzzyも使えるので弄ってみることにします。
惜しむらくはWindowsのみとかは勘弁して欲しいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿